物流SaaS

日本の物流にDXソリューションを

物流SaaS
under banner line
preview image

概要

日本の物流会社の多くは昔ながらの運行管理方法に頼っており、ワークフローが長くそして非効率的になっています。この問題を解決するため、MeeTruckは全国規模の運行管理システム(Transportation Management System、略称TMS)の構築を目指していました。Tokyo Tech LabはMeeTruckのITパートナーとして、信頼性と拡張性の高いSaaSを構築し、日本の物流業界における日々の運行管理のデジタル化と効率化に貢献しています。

事例紹介

日本の物流業界は岐路に立たされています。低コスト輸送の需要が増大し、労働力が不足する中で、物流企業には運行管理コストの最小化と生産性の向上を求められています。

また物流業界のボトルネックとなっていたのが紙主体の運行管理であり、ワークフローが長くまた非効率になっていました。さらにトラックやドライバーの管理が、今どき時代遅れともいえるエクセルや紙の注文票、FAXなどで行われていることも、膨大な時間やリソース、労働力の無駄を招いていました。

そこで、ソフトバンクグループと日本通運グループによる合弁会社である、MeeTruck 株式会社はデジタルトランスフォーメーション(DX)によってこの問題の解決を目指しています。国内全ての物流管理を、たった一つのデジタルプラットフォームに統合することのできる運行管理システム(Transportation Management System、略称TMS)を構築することで、MeeTruckは日本の物流業界の効率化と発展への貢献を目指しています。

Tokyo Tech Labの担当チームは、MeeTruck 株式会社設立の3か月前である2020年4月にこのプロジェクトに加わりました。その後プロダクトコンセプトとマーケティング目標などについて綿密に議論した結果、これだけの規模のプロジェクトは初めてであったにも関わらず、短期間で納品をしなければならなかったのですが、刺激的であると同時に大きなチャレンジだと気が付くところから始まりました。

成果

Robust Infrastructure

Robust Infrastructure

1秒あたり20000件のリクエストを処理しダウンタイムなく展開することができ、高度に最適化された安全なクラウドインフラを構築。そして、信頼性が高く、広範囲での用途や継続利用のために最適化。

Well-designed APIs

Well-designed APIs

サードパーティとの統合に向け、最適なデザインのAPIを備えており、様々な会社に対応することのできる拡張性の高さを兼ね備え。

Safe and Secure

Safe and Secure

いかなる時もセキュリティは最も重要である為、定期的なサイバーセキュリティ対策とアップデートを実施。

User-friendly Apps

User-friendly Apps

Web、モバイルのどちらからでも利用がしやすい様、ユーザーフレンドリーに注力、操作が簡単で実用的なソフトウェアを構築。

AI Matching Service

AI Matching Service

MeeTruckのAIマッチングエンジンサービスは、物流会社が遊休車を効率的かつ迅速に見つけることができ、簡単に交渉ができるチャット機能を完備。

Tokyo Tech Lab は、わずか5ヶ月間で信頼性が高くWeb・モバイルのどちらからでも正確に機能するSaaSを構築し、また全国規模での利用を想定したすべての準備を整える事ができました。

MeeTruck株式会社のSaaSは配車担当者、ドライバー、事務員、経営者等の業務を一つのアプリケーションに統合した事により、全国すべての物流オペレーション業務の最適なDX・ソリューションを実現しました。

detail thumbnail 1

このソフトウェアを活用することで、配車担当者は、簡単にカスタマー情報や目的地、出発時刻などの配送情報を1つに集約されたデータベースに入力することができるだけではなく、配送可能なドライバーへの仕事の割り振りについても簡単なマウス操作だけで行うことが可能になります。また配送担当者の画面では、ドライバーと配送状況を簡単に確認できるようなタイムテーブルも表示され、配送の進捗状況を逐一確認することができます。

detail thumbnail 2

それだけではありません。ドライバーはその日のスケジュールと割り振られた配送をスマートフォンで確認することができ、運行に必要な情報もそこで完結させることができます。またメッセージ機能も兼ね備えているので、配送担当者とドライバーの間で運行に関する質問などのやりとりを行うことも可能です。

detail thumbnail 3

スケジュール管理のみならず、各案件でどれだけの利益を生み出しているのか、利益の照会ができるだけではなく、請求書の管理についても簡単に行うことができるようになります。

detail thumbnail 4

電子商取引の拡大やドライバー不足は、日本企業にとって荷物の輸送が難しいという問題が生じています。この問題を解決する為、MeeTruck SaaSは、利用可能な輸送を探している企業と、遊休車クを持っている物流企業をマッチングするAI搭載のサービスを開発します。また、チャットメッセージ機能で、両社はアプリケーション内で簡単に配送の詳細を交渉することができます。

detail thumbnail 5

活用したテクノロジー

Amazon web services logokubernetes logoGolang logoData Dog logoVueJs logoPython logoTwilio logoTypescript logoSalesforce logoNodeJs logoMysql logo
Tokyo Tech Lab

pattern left
pattern right
pattern bottom
* 契約上の守秘義務の要件なので、ここではいくつかの事例を紹介する。

お問い合せ内容の確認後、担当者よりご連絡させていただきます。

consultation background
consultation background

© 2023 Tokyo Tech Lab. All Rights Reserved.